オアフ島 ハワイ島 沖縄ウェディング

ハワイ島インフォメーション ビーチインフォメーションハワイアイランドウェディング【公式】

日本国内の受付電話番号(受付時間11:00〜17:30)TEL 050-5807-3641

HAWAII ISLAND INFORMATIONハワイ島インフォメーション

ハワイ島インフォメーション
基本インフォメーション

ビーチインフォメーション

ハワイ島で結婚式やウェディングフォトを楽しんだ後は、思い切りビーチで遊びましょう!
ハワイには、様々なビーチがあります。大勢の観光客でにぎわう海辺もあれば、人の手が加えられていないロマンティックな穴場、ダイビングにおすすめのスポットやお子様が遊ぶのに最適な海岸も。世界で最も人気がある、ハワイの海を満喫して下さい。

カハルウ・ビーチ・パーク

カハルウ・ビーチ・パーク

カイルア・コナ側に白浜の美しい海岸が広がっています。カラフルな熱帯魚やウミガメ(ホヌ)が泳ぎ、波は穏やか。家族連れの方に特に人気です。ここは、シュノーケリングやダイビングを楽しむ人であふれ、「シュノーケルビーチ」と呼ばれています。カメハメハ王の統治時代は、王と王家の方しか入ることが許されない神聖な場所でした。

プルナウ・ビーチ・パーク

プルナウ・ビーチ・パーク

ハワイ島で黒砂の砂辺と言えば、一番有名なのがプルナウ・ビーチ・パークです。砂が黒いため、海の色は濃い青に見えます。ウミガメが日向ぼっこをしている姿がよく目撃され、むやみにウミガメに近付かないよう注意書きの看板が設置されているほどです。カイルア・コナとヒロの中間にあり、いつも大勢の観光客でにぎわっています。

リチャードソン・オーシャン・パーク

リチャードソン・オーシャン・パーク

ロコに人気のサンゴ礁がとてもきれいなリチャードソン・オーシャン・パーク。ウミガメだけではなく、運が良ければアザラシも見かけることが出来ます。入り江は砂で覆われ、子どもたちが遊ぶスポットとしてもおすすめです。ヒロ周辺では唯一の黒砂の浜辺で、シュノーケリングスポットとして高い人気を誇ります。

ホノコハウ・ビーチ

ホノコハウ・ビーチ

ホノコハウ港の北側にありますが、途中から車で入れませんので歩かなければなりません。カロコ・ホノコハウ国立歴史公園からホノコハウ・ビーチを一望出来ます。白い砂と黒い溶岩で出来た海岸線のコントラストが驚くほど美しく、ここにしか生息していない鳥や絶滅危惧種のハワイアン・モンクシールが日光浴している姿を見かけることも。

ハプナ・ビーチ

ハプナ・ビーチ

コナ空港から車で1時間程度北へ進むと、急に白砂と青い入り江が左前方に現れ、キラキラと輝きます。細かい白い砂浜が約1キロメートル続き、全米ナンバー1に輝いたことも。木陰は一切ありませんが、パラソルをレンタル出来るので安心です。駐車スペースは有料ですが、たくさんの方がこの透明度の高いキレイな海を訪れます。

アナエホオマル・ビーチ

アナエホオマル・ビーチ

アナエホオマル・ビーチは、ワイコロア・リゾート内のクイーンズマーケットプレイスのすぐ近くにあり白い砂浜が広がっています。岩が多い場所ですが、波は静かで水遊びを楽しめると子連れの方にも人気。ここは、サンセットが特に有名です。ビーチ手前のフィッシュポンドに夕日が反射し、立ち並ぶヤシの木がシルエットになり、幻想的で美しい写真が撮影出来ます。

ホロホロカイ・ビーチ・パーク

ホロホロカイ・ビーチ・パーク

マウナ・ラニ・リゾートにあるホロロカイ・ビーチ・パークは、高級ホテル「フェアモント・オーキッド」の北側にあります。岩場になっているため、泳ぐのはおすすめ出来ませんが、波が穏やかな日はシュノーケルが楽しめます。ここから10分程歩くと、溶岩にペトログリフが千点以上残されたプアコペトログリフ自然保護地域がありますので、散策してみましょう。

スペンサー・ビーチ・パーク

スペンサー・ビーチ・パーク

お子様を連れて行くのなら、カワイハエ港の南にある、ペンサー・ビーチ・パークがおすすめです。ライフガードがいて、波も穏やかなため、家族で水遊びをするロコをよく見かけます。郡で許可をもらってキャンプをすることも可能です。隣のプウコホラ・ヘイアウ国立歴史公園とつながっており歩いて行けますので、ハワイ島の歴史文化財に興味がある方はぜひ遊びに行ってみましょう。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。
PAGE TOP